生命保険の見直しをしよう


生命保険イメージ「保険料の負担が大きいので節約したい」「加入保険が自分に本当に合っているかどうか心配」など、生命保険にお悩みなら、いちど生命保険の見直しをしてみましょう。

生命保険は一般的なサラリーマン家庭にとって、住宅の次に高い買い物と言われます。 しかし、複数の保険会社の保険内容や保険料を充分吟味し、納得して生命保険に加入する人はごくわずかで、多くの人は保険会社のセールスレディなどに勧められるまま保険契約していまい、保障内容さえきちんと理解していません。

家計の節約方法で一番良いのは、毎月支払う高額な固定費を見直すことです。 中でも生命保険は、高すぎる保険金額、不必要な特約、保障の重複といった過剰な保障によるムダが隠されていることが多く、たいていの場合保険料が高すぎます。
生命保険を正しく見直せば、その人に見合った適正な保険内容にし、保険料を節約することが可能になります。

 

まず、今加入している生命保険の内容を確認してみましょう


自分自身が加入している生命保険の内容について知らない、よくわからないという方がとても多いのではないでしょうか?

生命保険は人生で住宅の次に高い買い物であると言われ、平均すると一世帯当たり毎月4万円近くの保険料を支払い、一生涯に支払う保険料は数千万円に及ぶこともあります。それほどのお金を支払っているにもかかわらず、内容がどういうものかよくわからないというのは不思議なことです。

「なにかあれば保険会社の担当者に連絡するので問題ない」とお考えの方もいるでしょうが、保険会社はあなたの味方であるとは限りません。
保険会社は、あなたと家族の状況に合った保険を勧めるのではなく、保険会社の利益率が高くて売りやすい保険を、「これがあなたにふさわしい内容の保険です」と勧める傾向があります。

そのような保険は、多くは「定期付終身保険」や「アカウント型保険(利率変動型積立終身保険・終身移行型保険)」などの特約満載の抱き合わせ保険です。
これらの保険は複雑で分かりにくく、そのために契約者には必要ない無駄が隠されていることが多いのです。

保険料を安くするためには、保障内容から無理・無駄・ダブリを省くこと、さらに同じ保障内容で保険料の安い保険商品を選ぶことです。
まずは自身の保険に無理・無駄・ダブリが隠されていないか確認してみましょう。

保険の内容は保険証券に記載されています。 複雑なパッケージ保険でも、構造は本体の主契約とオプションの特約の組み合わせですから、それらをひとつずつ確認していけば、どういう保険なのか理解できると思います。 ただし、特約が余りにも多すぎてわかりにくかったり、アカウント型保険などの場合は、保険会社のコールセンターに問い合せたり、保険ショップなどで行っている保険相談に申し込み、プロの目で確認してもらうことをおすすめします。

 

「保険相談」を上手に活用することをおすすめします


保険相談イメージ 今加入している保険会社の担当者に見直しを相談することもできますが、客観的に見ればデメリットのほうが多いのが現実です。

ひとつには、保障を見直すにしろ、現在の保険を解約し新規に保険契約するにしろ、その保険会社以外の保険商品を選ぶことがほぼ不可能だという点です。

また、保険会社にはそれぞれ得意・不得意の分野や、特徴があります。
死亡保険にはそれほど大きな差はありませんが、医療保険やがん保険や学資保険のような、第三分野の保険や貯蓄性保険では、保険会社によっては保障内容・特徴に大きな違いがあり、大手の保険会社ではなくても、ある特定分野に秀でている保険会社も少なくありません。
保障内容が同じでも、保険料が保険会社によって大きく違うことも見逃せません。
生命保険を見直すには、できるだけ多くの選択肢の中から比較検討するほうが、最適な保険に出会える可能性が高いに決まっていますから、他社の保険を全く選択できないことはいただけません。

そういった場合には「保険相談」というサービスを利用するのがおすすめです。

「保険相談」とは、複数の保険会社の保険商品を取り扱っている保険代理店やFP(ファイナンシャルプランナー)がおこなっている保険選びや見直しに関する相談サービスのことです。
来店型の保険ショップを運営し、店舗窓口で保険相談を受けたり、インターネット上で保険の資料請求・見積もりの対応をしたり、FPを希望者のもとに派遣して保険相談をおこなうところなどがあります。

保険相談は無料の所も多いですが、一部は有料相談となっています。
相談料金は2,000?10,000円ぐらいで、追加料金はかからず何度でも相談(面談)することができます。

保険相談を利用する一番のメリットは、複数の保険会社商品を扱っているため、保険の種類によってそれぞれの保険会社から「いいとこ取り」で保険プランを組める点です。
保険会社によって得意な分野はそれぞれ違うので、保険の種類によって複数の保険会社からいいものを選択できるほうがいいに決まっているのです。
また、保険相談を通して保険契約をすれば、アフターサービスとして、各保険会社への保険金の請求や各種変更の事務手続きを、一括してやってくれる(ワンストップサービス)所も多いのもメリットです。

さらに、FPは保険だけでなく、住宅ローン・教育資金・年金・資産運用・税金・相続などにも精通する“お金の専門家”なので、保険相談をきっかけに担当FPと仲良くなれば、今後も家計やお金の相談相手になってくれる可能性もあるでしょう。

このサイトは生命保険の選び方、保険見直し方の総合ガイドです。 自分と家族に本当に必要な保険にできるだけ安く加入するための知識・ノウハウを提供していますので、ぜひとも参考にしてみて下さい。

 

Oz-i
保険マンモス
リンク | 脱毛器