保険見直しの準備

保険の確認事項

生命保険は難しいと思っている方はかなり多くいるでしょうが、実は単純なしくみです。

簡単に言えば、生命保険とは保険料を支払う代わりに、保険を掛けた人(被保険者)が死亡したり事故や病気で入院したりしたら(保険事故と言います)、前もって約束したお金(保険金・給付金)を受け取れる権利を有する契約のことです。
保険証券には、この契約の内容(契約者・被保険者・受取人・保険金額・保険期間・保険料・保険金支払条件等)が記されています。
自身の保険内容を理解するには、次のような項目を確認しておくことが必要です。

1.保険契約者(保険料を支払う人)、被保険者(保険を掛ける人)、受取人(保険金を受け取る人)
2.保険金額(死亡したり入院・手術などをしたらお金をいくら受け取れるか)
3.どんな時にお金を受け取れるか(死亡保険はわかりやすいけど、医療・介護関連の保障は支払条件が細かいので注意)
4.保険期間(いつまで・何歳までお金を受け取れるのか、つまり保証期間のこと)
5.保険料支払期間(保険料をいつまで支払うか。定期保険や特約部分は保険期間と保険料支払期間は一緒ですが、終身保険は終身払い(一生涯支払う)と、60・65歳などで支払いを終える場合がある)
6.更新時期(更新型の保険の場合、何歳で更新時期を迎えるか)
7.更新後の保険料(更新したら保険料はいくらになるのか)
8.保険料総額(保険をそのまま継続したら保険料の累計はいくらになるか)
9.解約返戻金(保険を解約したら、解約返戻金がいくら戻ってくるのか。解約時期によって異なる)
10.予定利率(加入保険の予定利率は何%か)

 

保険アドバイザーズ