保険見直しの準備

見直しのタイミング

生命保険を見直したり、新たに加入するきっかけとなる出来事や、保険を見直すのにいい時期やタイミングにはなにがあるでしょうか。

まずは、収入の増減など家計状況の変化があったときでしょう。
保険の見直しをおこなった人に、そのきっかけとなった理由を質問してみると、「家計の節約のため」「保険料が高いので」「収入が減ったため」「支出が増えたため」という回答が多く見られます。

ボーナスが減少するなど収入全体が下がり、家計の見直しに迫られたときには、月々の固定費で負担の大きい保険料を下げるために、保険のリストラを第一に考えることは自然なことと思われます。

ただし、保険のリストラが目的の場合、ただ保険料を安くするために必要な保障まで削ってしまうと、もしもの時に保険が役に立たない事態になる可能性もありますので、保険の見直しは慎重に行わなければなりません。
保険に詳しくない人は、保険相談を受けるなど専門家の意見を聞いてからおこなう方がいいでしょう。

生命保険の見直しには、結婚・出産といったライフイベント(ライフステージの変化)がきっかけになることが多いです。

生命保険は家族がいない独身の方の場合、その人が亡くなっても困る人がいないため、死亡保険はほとんど必要ありません。

死亡保険は、その人が亡くなったり働けなくなると、家族が窮してしまう人、つまり一家の稼ぎ手に第一にかける保険です。
ですから、結婚や出産などで家族や扶養家族が増えるときに、生命保険に加入したり、保険を見直して死亡保障額を増やしたりするのです。
保険の見直しのきっかけとなるライフイベントには、その他に配偶者の退職(出産がきっかけになることが多い)、住宅の購入、子供の独立、転職、定年退職などもあります。

特に会社を辞め、自営業や個人事業主として独立する場合は、厚生年金が国民年金に切り替わって、自分にもしもの場合に妻が遺族厚生年金が受け取れな くなるなど、その分の公的保障が不足したり、健康保険に関しても、今まであった傷病手当金や付加給付が無くなるなど、保障がかなり手薄になりますので、そ の分を生命保険や医療保険等で補う必要が出てきます。

その他、保険の直しには、生命保険の満期や更新時や自分や知人が病気になったりケガをしたのがきっかけになることも多いです。

 

保険アドバイザーズ